高齢化社会となった現代では高齢者を支える人材が不足しています。高齢者の増加に伴ってその福祉を行う施設が急増しているにもかかわらず、その仕事を担おうとする人があまり多くはない現状があるためです。このため、全国各地で求人広告が出されており、就職が難しいとされる今日においても就職先が見つけやすいのが介護職になっています。 こういった現状は新卒にかぎりません。中途採用であっても同様であり、転職先として職場を探しやすい状況にあるのが介護職です。特に資格を有している人材の不足が著しいことから、看護師や社会福祉士、ホームヘルパー等の直接的に高齢者のお世話ができる資格を取得しておけば、全国のどこに住んでいても地元で職を探すことが比較的容易な現状があります。 求人広告も季節的な変化なく常にあることから、タイミングを見計らわずとも転職先を見つけることができるのが現在の介護職のメリットです。 もし現職に何らかの不満を持っていたり、より社会に直接的に貢献できる仕事に就きたかったりしたら介護職への転職をまずは考えてみるとよいでしょう。資格の取得も通信教育等を通して、現在の勤務を続けながら行うことも可能であり、収入を途絶えさせずに転職を行えるはずです。