「自分は何のために働いているのだろう」と考えたことはありませんか。ある人は日々の自信や家族の生活のため、またある人は社会的なやりがいのため。でも、気がつくと毎日の業務ですっかり忙殺されてしまい、身も心も疲れ果ててしまっている、ということは決して少なくないでしょう。労働は国民の義務とは言え、職場での人間関係に嫌気がさしていたり、身を粉にして働いているのに、思うような評価や報酬を得られていなかったり、体を壊したり、職場での悩みの種は尽きません。 それらの問題の抜本的な解決法と言えるのが転職です。 今までの経験を活かして同業の求人を探すことも出来ますし、まったく違う畑での求人に挑戦すると言うのも、人生にとっては大きな糧になると言えるでしょう。 同業での転職を検討している場合は、今就いている職場の勤務規定に抵触しないか注意する必要があります。同業種への転職を、決められた機関禁止している職場もあります。同じ業界は何かと狭い世界の為、思わぬところから情報が漏れたりすることも考えられます。 以前と違い、転職に関する情報収集がずいぶんし易くなりました。自分自身の環境やひいては人生に、新しい風を、再び込み再スタートを図ることは決してマイナスにはならないはずです。