転職を考える理由は人様々ですが、共通しているのは、考えたその瞬間から孤独感との戦いになることでしょう。会社で親しい人がいたとしても、なかなか相談することは難しい面があります。下手をすると、どこからか話が漏れて会社に居づらくなることも考えられます。家族に言ったら、不安定になることはしないでと反対されるかもしれません。 どうしても、転職をしたいと想いが強くなればなるほど孤独感は増して来る可能性があります。相談するには、それなりの知識と経験を持っている人、更に言動に責任を持てる人が望ましいものです。そういうことでは、転職支援コンサルタントの存在を利用してみる価値はあるでしょう。彼らは、求人に関しても非公開の案件を持っていることが多く、相談者の話を良く聞くことで希望に合致した求人情報を提供出来る可能性が高い存在です。 何より、孤独な状態にある自分の話を聞いてくれるだけでも、考えを整理することが出来るでしょう。また、アドバイスをもらうことで、それまで考えもしなかった新しい視点を持つことも出来るかもしれません。 転職を決めるのは自分自身ですが、その結論に至るまでの過程で多くの情報や視点を得ることが出来るのは貴重なことです。